鹿本、阿蘇中央など3回戦へ 玉竜旗高校剣道男子

西日本新聞 熊本版

 玉竜旗高校剣道大会は27日、男子の1回戦と2回戦の一部があり、県勢28校のうち25校が試合に臨んだ。シード校鹿本のほか、阿蘇中央、専大玉名など12校が3回戦進出を決めた。2年ぶりの優勝を目指す九州学院、天草、文徳の3校は28日、初戦に臨む。

 熊本西、鎮西、開新の先鋒は2回戦でそれぞれ5人抜きを達成。東海大熊本星翔も2回戦で次鋒が5人抜いて勝利した。

 有明、八代清流など12校は初戦の2回戦で敗退。東稜は1回戦を勝ち上がったが、2回戦で涙をのんだ。

 28日は2回戦の残りから4回戦までがある。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ