福岡大大濠3回戦で苦戦も5回戦へ

西日本スポーツ

 ◆玉竜旗高校剣道男子4回戦:福岡大大濠〈不戦3人〉金沢(28日・福岡市照葉積水ハウスアリーナ)

 3月の魁星旗準優勝で玉竜旗直前の九州大会を制した福岡大大濠が、5回戦に勝ち上がった。ただ3回戦の本庄第一(埼玉)戦では副将の小畔直(2年)まで引きずり出された。「一試合一試合必死。余裕なんてない。一人一人が役割を果たしてもらいたい。これからです」と森大樹監督は勝負の最終日をにらむ。過去7度の優勝を誇る福岡大大濠。2013年以来6年ぶりの頂点を目指す。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ