福岡常葉など5回戦へ 玉竜旗高校剣道男子

西日本新聞 一面

 令和元(2019)年度玉竜旗高校剣道大会は第5日の28日、福岡市東区の照葉積水ハウスアリーナで男子の2回戦の続きから4回戦までがあり、最終日に臨む64チームが出そろった。2年ぶりの優勝を狙う九州学院(熊本)が10人抜きで5回戦に進み、福岡第一、福岡大大濠、東福岡、三養基(佐賀)、明豊(大分)などシード勢も駒を進めた。県勢では八幡、久留米、八女学院、西日本短大付、南筑、香椎、筑紫台、東海大福岡、福岡舞鶴、福岡常葉、福翔が勝ち残った。

 福岡常葉の藤島心(1年)は4回戦までで15人抜きを達成した。29日に520チームの頂点が決まる。

PR

PR

注目のテーマ