不登校(9)振り返り どう乗り越えたか 福岡・立花高の4人が経験語る

西日本新聞 くらし面

 不登校を経験した子どもたちは何を悩み、自らの置かれた状況とどう向き合ってきたのか。不登校経験者で、福岡市の立花高校に通う3年の上田修平さん(17)、菊池拓海さん(17)、2年の稲葉玲さん(16)、1年の沢田夢羽さん(15)に集まってもらい、それぞれの思いを聞いた。

きっかけ さまざまに

 -どのようなきっかけで不登校になったのか。

 上田 小学3年くらいから別室登校で、中学1年の夏休み明けから行けなくなった。グループを作って机を並べる給食の雰囲気が苦手だった。食べるのが遅く、強要されているようで嫌になった。

 菊池 ずっとサッカーをやっていて、部活動では副キャプテン。中学3年の春、最後の夏の大会に向けて頑張ろうと思っていたら「ほどほどでいい」と考える周囲と温度差ができて空回りしてしまった。相談したくても先生が苦手。「学校で勉強以外に学べるものは何か」と考えたときに、独りで勉強する方が良くないかという結論に行き着いた。一気に気持ちが抜け、学校に行けなくなった。

 稲葉 中学1年の体育祭が終わってから、具合が悪くなって早退をするようになり、1日休んだら学校に行けなくなった。中学の雰囲気になじめず、2年からは適応指導教室に通い、そのまま卒業した。

 沢田 小学校のときは成績が良かったのに、中学最初の期末テストで点数が大きく下がり、パニックになった。勉強をしたくなくなり、それから2年くらい不登校になった。

 -今はみんな高校に通っている。どのように気持ちを整理したのか。

 菊池 将来を考えると、この状況をどうにかしないといけないと思っていた。不登校を多く受け入れている立花のことを知って見学に行き「こんな学校もあるのか」と好感を持った。ここは無理せず、自分のペースで過ごせる。他の学校にはなくて居心地が良かった。中学は無理して周りに合わせて負担になっていた。教師も「進学してくれ」と言うばかりで、生徒を見ずに自分の実績づくりを考えているように感じた。

 沢田 親から「この先どうするんだ」と聞かれて悩み、勉強が嫌いになってから、ずっとしていたゲームにも飽きていた。高校で気持ちを切り替えようと思った。勉強を頑張ると、理解することが楽しくなり、大学に行きたいと思うようにもなった。今は勉強が面白くて仕方がない。

 -高校に進んで何かが変わったか。

 上田 中学の時は先生が大嫌いだったが、高校は親身に接してくれる先生ばかりで、そこそこ信用できるようになった。最初、週1回は休んでいたが何とか勉強も追い付けている。友達も徐々に増え、毎日通えるようになった。

 菊池 書道という自分が打ち込めるものを見つけた。1年の芸術の授業ではまり、今は書道をやりたくて、学校に通っている。思い通りにいかず、どれだけ書いても成長しないこともある。それでも課題を克服していく達成感がたまらない。書道部で一緒に取り組む仲間もいる。今のところ学校は1日も休んでいない。将来は書道の楽しさを伝える教師になりたい。

 稲葉 自由な雰囲気が自分に合った。慣れるまで大変だったけど、勉強も中学の範囲からやり直すことができて助かった。「1回休んだら、授業に追い付けなくなる」と自分にプレッシャーをかけ、それがモチベーションになった。体調が悪い日もあったが、今年は1日も休んでいない。

自分で悩む時間も大事

 -不登校だった自分に対し、今どのような声を掛けてあげたいか。

 沢田 成績を上げるために長い時間机に向かうなど、できることはしたけど、何をしてもうまくいかない悪循環に陥っていた。そんなときもある。エンジンがかかるまでは、正直そっとしておいてあげたい。

 菊池 当時は「今のうちに勉強しておかないと大変なことになる」と言われてもピンと来なかった。声を掛けてもらうより「なるようになる」と受け止めよう。悩む時間も大事だ。どんなに周囲が「大丈夫?」と心配してくれても、結局は自分で考え、頑張らないといけない日がやってくる。そのタイミングを待つしかない。

   ◇   ◇

 来週は、不登校について当事者の家族や学校関係者などから寄せられた意見と、取材に関わった記者が感じたことを紹介します。

【立花高校】1957年創立の私立高校。73年に立花高に改称した。90年代以降、不登校の生徒の受け入れを進める。本年度の全校生徒数は524人。現在の生徒の不登校率は5割強で減少傾向にあるという。学校には常勤のスクールカウンセラー(SC)がいる。

 全日制の単位制高校で、3年でも卒業できるが、3年を超えて通い、卒業する生徒もいる。一般教室への登校が難しい生徒を対象にした少人数制の混成学級「サポート教室」や、登校が難しい生徒のために、公民館などに教師が出向く「学校外教室」を置く。就業機会を提供するため、職場体験にも力を入れる。生徒の居住地は福岡市近郊が多いが、福岡県外からの問い合わせも多く、寮を備えている。8月3日には体験入学を実施する。立花高=092(606)2792。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ