島原、連覇ならずも意地

西日本スポーツ

 前年覇者の島原が準々決勝で力尽きた。優勝した福岡第一に不戦1人の完敗。大将の斎藤瑞貴(3年)が延長の末、相手副将の谷口に面を奪われた。それでも昨年の主力が抜け、6月の長崎県大会決勝で西陵に敗れて全国総体出場を逃したチームだけに、福田俊太郎監督は「県大会後から全て出し切ることを徹底し、選手は自主練習もしていた。精いっぱいやったと思う」と意地を示した教え子たちをねぎらった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ