佐賀市の寺に66メートル壁画完成 地元の中国人画家 尹さん

西日本新聞 佐賀版

 佐賀市与賀町にある浄土寺の外壁に縦約1・4メートル、長さ約66メートルにわたり、佐賀の冬景色をイメージした「水墨画」が登場し、注目を集めている。制作したのは近くの中国人画家、尹雨生(いんうせい)さん(56)。1年余りかけて完成した大作にスマートフォンで写真撮影する外国人の姿も。尹さんは「佐賀の新たな観光スポットになったらうれしい」と話している。

 壁画は、雪化粧した天山に着想を得て松竹梅や亀といった日本の縁起物を描いた。制作のきっかけは約2年前、尹さんが寺の向かいにある書店から真っ白な壁を見た時に「キャンバスに思えて、アイデアが浮かんだ」と言う。寺には佐賀の近代画壇を代表する洋画家山口亮一(1880~1967)の墓があり、「画家としての縁も感じた」。寺の快諾を得て、昨年6月下旬から、尹さんが教える川崎光春さん(75)=白石町=と描き始めた。

 壁画は実は墨ではなく、アクリル性の絵の具を使った“水墨画風”。コンクリートの壁では雨で流れ落ちる墨は使えず、水墨画の特徴であるぼかしやにじみを表現するのにも苦労した。尹さんは「少しずつ描き、写真を撮ってバランスを確認しては修正することを繰り返した」と振り返る。

 降雨時や絵の具が硬くなる冬場は制作できず、予想外の長丁場になったが、制作中に周辺の人たちの差し入れもあり「励みになった」と尹さん。

 中国・大連出身で2000年から佐賀市に移住し、佐賀大大学院で美術教育専攻を修了。美術や書道教室の講師を務めながら、日中の文化交流の「橋渡し役」を担ってきた。

 壁画が完成すると、「感動した」「偉業だ」といった国内外からのコメントが会員制サイト(SNS)に相次いで投稿され、実際に壁画前で写真撮影する外国人も。尹さんは「20年近く住んでお世話になった佐賀が注目されてうれしい。恩返しになったかな」と話した。

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ