嘉麻市長「イクボス」宣言 率先して仕事と私生活両立へ

西日本新聞 筑豊版

 嘉麻市の赤間幸弘市長は30日、同市の碓井住民センター文化ホールで、部下のワーク・ライフ・バランス(仕事と私生活の両立)を考え、仕事で結果を出しながら自らも両立を実践する上司「イクボス」になることを宣言した。

 行政が率先して宣言することで市内の企業などにも「イクボス」を浸透させるのが狙い。「誰もが子育てや介護がしやすく、働きやすい嘉麻市を目指します」など3項目が書かれた宣言書に署名した。

 この日は、市の管理職約30人を対象にした研修もあり、イクボスを啓発するNPO法人「ファザーリング・ジャパン」の会員で中倉ビジネスコンサルティングの代表、中倉誠二さんが講演。イクボスが求められる背景として、共働き世帯の増加や介護による労働時間の制約、プライベートを重視する若い世代の意識変化などを挙げ、「仕事一筋の上司は、部下の憧れの対象にはならない。『お互いさま』の気持ちを持ち、仕事をカバーし合える仕組み作りが大切」と話した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ