「平和台」の原点を劇に 特攻で戦死、岡部平太の息子描く

 戦後日本のスポーツ復興をけん引した福岡県糸島市出身の岡部平太(1891~1966)の一人息子で、特攻隊員として命を落とした平一さんの生涯を描いた平和劇が8月4日、同市で上演される。22歳の若さで戦死した愛息の短い生涯は平太の不戦への思いを強くさせ、福岡市に「平和台」を創設する力となった。平太のまいた種が2020年東京五輪で再び花開くのを前に、古里の人々が平和の意味を問う。

 平一さんは父同様、豪快な人柄で愛された。台北帝国大在学中に軍に志願、1945年に神風特攻隊員として沖縄の海に消えた。戦後、平太は連合国軍総司令部(GHQ)と何度も折衝し、福岡市中心部の一角を国体会場として整備。息子を思って名付けた「平和台」は球場などを備えたスポーツの中心となった。

 平和劇は「未来へ語り継ぐ言葉~散りゆく桜(はな)‐君へたくす」。毎年夏に平和劇を上演している「いとしまハローピースアクト」が企画した。

 きっかけは、劇の関係者が、鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)で出撃を待っていた平一さんと交流した瀬野(旧姓・島田)キヨ子さん(92)の存在を知ったことだった。キヨ子さんは平一さんの最後の様子を手紙で平太たちに伝えただけでなく、娘は糸島に嫁いでいた。縁の深さを知り、代表の江川佳世さん(52)が「近代日本スポーツの父」として平太が再評価されている今こそ、平和の尊さを訴える好機と作品化を考えた。

 江川さんらは5、6月、手紙が保管されている海上自衛隊鹿屋航空基地史料館(鹿屋市)を訪れた。さらに鹿児島市で元気に暮らすキヨ子さんに会って話を聞いた。

 キヨ子さんが平太に送った便箋8枚の手紙には平一さんの様子が事細かに描かれていた。

 「持っていても何にもならないのです」と話し、万葉集やはがき、切手をキヨ子さんに渡したこと。特攻機の故障で一度は引き返したこと。戦友の「オーイ 岡部 出撃だ」の声にオルガンを弾く手を止め、特攻機を見送ったことなどが書かれていた。

 手紙の内容が盛り込まれた作品は、現代と戦時中がクロスする物語で、糸島の小学生から高校生まで15人も出演する。主役のキヨ子さんを演じる小学6年の中村夏綺(なつき)さん(12)は「悲しさだけでなく、楽しい場面は楽しく、メリハリをつけて演じたい」と意気込む。

 ハイライトは、実際にあった、出撃を前にした2人の会話だ。「後の事は頼みますよ」と語り掛けた平一さんに「お便りの事でしょう」と返事するキヨ子さん。平一さんは「いやその事ではありませんよ。後の世の中の事ですよ」と笑ったという。

 「言葉の意味を考えてもらえる作品にしたい」。江川さんたちは稽古に励んでいる。

   ◇    ◇

8月4日、糸島市で上演

 未来へ語り継ぐ言葉 8月4日午後3時半から、糸島市前原東の伊都文化会館で。会場には手紙のコピーや平一さんの日記なども展示する。高校生以上500円(前売り400円)、小中学生200円(同100円)。

※小説「Peace Hill 天狗と呼ばれた男 岡部平太物語(上)」(著者・橘京平、幻冬舎刊、1,200円)が好評発売中

PR

文化 アクセスランキング

PR