海岸に寄せた波が沖に戻る時にできる強い流れを「離岸流」と言う…

西日本新聞 オピニオン面

 海岸に寄せた波が沖に戻る時にできる強い流れを「離岸流」と言う。水泳選手でも逃げられない速さになることも

▼海水浴シーズンに合わせ、第7管区海上保安本部が注意を呼び掛けるアニメを動画サイト「ユーチューブ」に公開した。浮輪でぼんやりしていた女の子が沖へ流された。遠ざかる岸辺。危機に気付いたボートが救助に向かう…

▼政治の浜にも強い離岸流が。先般の参院選。投票率は5割を切り、史上2番目に低い48・80%に。過半数の議席を確保した勢力は「国民の信任を得た」と胸を張る。ただし、投票したのは有権者の半数。それで決まった議席の半数超なので「4分の1の信任」か。残り4分の3の民意はどこへ

▼「投票には行かなかったが、現政権の政策には反対」と言ってもむなしい。棄権は多数派への「白紙委任」だ。皆の代表が政治を行うのが議会制民主主義。低過ぎる投票率はその前提を壊す

▼政治はよく分からない、投票したい候補や政党がない、投票しても何も変わらない-。無関心や諦めの引き潮が主権者を政治から遠ざける。だが、ぼんやりしていた付けはいずれ払うことになる

▼今回、ネットで支持を広げた新党から重い障害のある2人が当選した。既存の政治の岸辺から離れた有権者の受け皿になった。互いに批判ばかりの既成政党も、民主政治の危機に早く気付き、沖に漂う1票を救い上げるボートをこぎ出さねば。

PR

PR

注目のテーマ