県内各地で猛暑日 玉名市36.1度 県は初の食中毒警報

西日本新聞 熊本版

 高気圧に覆われ青空が広がった31日、玉名市で最高気温36・1度を観測するなど県内各地で最高気温が35度を超す猛暑日となった。熊本地方気象台によると、今後1週間は引き続き晴天が続き、最高気温35~39度の厳しい暑さが予想される。県は食中毒警報を初めて発令した。

 最高気温が35度を超したのは玉名市のほか、熊本市が35・9度、人吉市と菊池市が35・6度など。熊本市の繁華街では日傘を差したり、うちわであおいだりする人が見られた。

 猛暑のため熱中症の通報が相次いだ。有明広域消防本部によると、荒尾市で70代男性が道路に倒れているところを発見されるなど、30~90代の6人が病院に搬送された。熊本市では、70代男性が公園でグラウンドゴルフ中に体調不良を訴えた。錦町では、路上でうずくまっていた70代男性が搬送された。いずれも命に別条はないという。

 県は31日、猛暑日が今後1週間続く恐れがあるとして食中毒警報を初めて出した。期間は6日までの7日間で、翌日の予想最高気温が35度を下回るまで自動的に継続する。

 県によると、これまでは6~9月の最低気温が25度を上回る日などに食中毒注意報を出してきたが、猛暑日には細菌が急激に繁殖し食中毒の危険性が高まるとして、今年から警報を新設した。県健康危機管理課は「清潔な環境で調理し食材に十分に火を通した上で、弁当に日光を当てないなど食べる前の温度管理に注意してほしい」としている。

 本格的な夏の訪れを楽しむ人たちも。球磨村の球磨川では、涼とスリルを求めてラフティングを楽しみ、ボートや岩場から水面に飛び込む観光客などでにぎわった。

 気象台は1日の最高気温を熊本市と人吉市で35度、天草市牛深で33度、阿蘇市乙姫で32度と予想。水分補給や冷房の利用で熱中症を予防するよう呼び掛けている。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ