渓流滝登り1300人挑戦 唐津市七山

西日本新聞 佐賀版

 渓流の中を泳いだり、滝に登ったりする「国際渓流滝登りinななやま」(滝登り実行委員会主催)が7月28日、唐津市七山滝川の滝川川一帯であり、約1300人がずぶぬれになりながら夏の涼を楽しんだ。

 滝登りは1987年、美しい渓流を観光資源として生かし、地域を盛り上げようと地元住民が始めた。

 外国人の参加者もおり、ゆっくりと歩く「自然満喫レース」とタイムを競う「タイムレース」に分かれてスタート。ロープをたぐり寄せて渓流を渡ったり、岩場をよじ登ったりしながら、約5キロ(うち渓流1・5キロ)のコースに挑んだ。途中、滝つぼに飛び込むなどして自由に遊ぶ参加者もいた。

 友人と一緒に参加した嬉野市の女性(23)は「体力的にきつい場面もあったけど楽しかった。2回も(滝つぼに)ジャンプしました」と笑顔で語った。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ