県庁前の名店終幕 「中華 香林」 知事や職員ら愛用

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 県政界の胃袋を支えた県庁前の名店が姿を消した。7月26日に閉店した福岡市博多区千代の「中華 香林(しゃんりん)」。三重野量さん(65)夫妻が切り盛りしてきたが、年齢を考え、店の傍らで行ってきた調理の講師業に専念することにした。「何度も通ってくださるお客さんの多さに驚いたし、感謝したい」。店舗の移転、拡大の誘いもあったが、変わらず地域に根付き、来店客をとりこにした20年だった。

 「はい、麺定(食)でーす」。妻真須美さん(58)が注文を告げると、奥の調理場で三重野さんが手際よく中華鍋を振った。

 しゃきしゃきした野菜たっぷりの上海焼きそば。程よい辛さとうま味が絶妙のスープの担々麺。酢豚はジューシーで、甘酸っぱさが食欲をそそる…。10人余りのいすが並ぶ、こぢんまりとした店内は、昼食時はだいたい県庁職員や会社員などで満員だった。

 そんな家庭的な雰囲気の店内に、常連客に衝撃を与える告知が張り出されたのは5月の連休明けだった。

 7月26日に閉店します‐。いち早く気付いたのは小川洋知事だった。「え? もう酢豚、食べられなくなるの?」。月1~2回は利用したという知事の残念がる姿に、三重野さんは苦笑いするしかなかった。

      ◆

 福岡市内のホテルや中華料理店で修業し、中国の料理人とも一緒に働いたことがある三重野さん。独立し、店をオープンしたのは2000年。組織に属して働くのに窮屈さを感じ、自宅からも近い場所を選んだ。

 小川知事ら県幹部や、元県議の月形祐二・糸島市長や森田俊介・元朝倉市長、現職県議に国会議員秘書…。名前を挙げればきりがない。周囲は自民、国民民主など政党の県連事務所も多く、その職員も利用した。県議を辞めた後も、県庁に寄るときに合わせて店に顔を出してくれた人も少なくなかった。ただどの政治家たちも、政治の話はほとんどしなかったという。三重野さんの料理を夢中で味わっていたのだろう。

 県議会開会中には、議員の質問への答弁書づくりなどで忙しい財政課が、十数人分の弁当を頼んできた。冬には日も暮れる午後6時ごろ、腹をすかせた若手職員が取りに来たという。

 一見すると、客をつかみやすいようにも思えるが、一帯は実は激戦区。ランチタイムに県庁職員らの来店は期待できるが、殺到するのは短時間。それ以外の客層も呼び込まなければ経営は厳しい。三重野さんは「この辺りでは、うちが一番古かった」と打ち明ける。

      ◆

 「ぜひ(福岡市の)天神に出店してください。準備は全部こっちでやりますから」。かつて銀行支店長から、こう口説かれた。県庁からは県議会棟の食堂運営に手を挙げないかという打診もあった。

 悩んだ時期もあったが、いずれも「対応できない」と断った。店を開く前から県内の高校調理科の講師をしており、自由が利かない店での仕事で高校に迷惑を掛けるのは避けたかった。

 一方、閉店を知った西部ガス関係者から「もったいない」と味の継承を打診され、近くにある系列のレストラン「パピオパル」で提供することが決定。三重野さんが自宅でスープを練り込んだギョーザを作り、8月から提供を始める。ほかのメニューも少しずつ伝承していくという。

 「日本人が好きなのは甘辛いすき焼きの味」。本場中国の味を独自にアレンジし、数々の料理に反映させてきた。「お客さんがいい顔をして帰るのが一番」。開店当初から値段は据え置いた。決して口数が多い訳ではない三重野さんは、たくさんの思いを料理に詰め込んできた。

 営業最終日も、常連客に掛けた言葉はいつもと同じだった。「どうも、ありがとうございました」

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ