猛暑招く「鯨の尻尾」 太平洋高気圧、九州に張り出す 今後1週間「危険な暑さ」

西日本新聞 社会面

 九州地方は31日、高気圧に覆われて夏空が広がり、各地で日中の最高気温が35度を超える「猛暑日」となった。太平洋高気圧は猛烈な暑さが続く「鯨の尻尾形」。今後1週間は「危険な暑さ」が続く見通しで、福岡管区気象台は、水分補給、冷房の利用などの熱中症対策を呼び掛けている。

 気象台によると、太平洋高気圧が西日本から九州、朝鮮半島付近にかけて張り出し、典型的な猛暑の気圧配置になっている。上層はチベット高気圧に覆われた「ダブル高気圧」状態のため、強い日射とともに熱を帯びた下降気流が地表に降り注ぐ。

 31日の最高気温は福岡県久留米市36・7度、大分県日田市36・6度、熊本県玉名市36・1度など各地で猛烈な暑さとなった。高温傾向は8月7日ごろまで続く見通しで、気象台は九州北部に「高温に関する気象情報」を発表。7日までの最高気温の予測最大値は、佐賀、熊本39度▽福岡38度▽長崎、鹿児島37度▽大分36度▽宮崎35度‐。

 一方、強い日射の影響で、短時間に強く降る局地的な「夕立」も多い時季。雷や突風を伴ったり、小さな河川の水位が急に上がったりする恐れもあり、気象台は「夏のレジャーは天気の急変にも注意が必要」としている。

PR

PR

注目のテーマ