郵政トップ歯切れ悪く 質問半ば、会見打ち切る

 「郵便局に対する信頼を大きく裏切った」‐。かんぽ生命保険の親会社、日本郵政の長門正貢社長は31日の記者会見で深々と頭を下げて謝罪した。多くの顧客に損害を与え、日本郵政グループを揺るがす事態に発展した不正販売問題。グループ経営のかじ取りを担う長門氏は「認識が十分でなかった」と対応の甘さを認めつ...

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR