アビスパホーム戦楽しみ方多彩 グルメ満喫、ゴール裏で臨場感

西日本新聞 ふくおか都市圏版

アビスパ福岡にゴール裏から声援を送る龍恭平さん(手前左)とサポーターたち 拡大

アビスパ福岡にゴール裏から声援を送る龍恭平さん(手前左)とサポーターたち

 地元紙の記者でありながら、アビスパ福岡の観戦歴はゼロ-。後ろめたさを抱えながらもハードルの高さに怖じ気づく31歳記者に先月、転機が訪れた。「僕が案内しましょう」。声を掛けてくれたのは、福岡市出身の名物サポーターで長崎県立大3年の龍恭平さん(20)=同県佐世保市。6月16日のホーム戦を一緒に観戦し、魅力に迫った。 

 試合開始3時間前の午後3時。博多区の地下鉄福岡空港駅で出迎えてくれた龍さんは、ネイビーブルーのユニフォームに身を包み気合十分。「試合やスポンサーを周知したくて、佐世保から歩いて来ました」。驚きだ。

 「若者に観戦のきっかけを作ってあげたい」と語る龍さんは、サポーター歴10年。5月から初観戦者の付き添いを始め、ファンの間で話題を集めている。「オフサイドなら分かります」「イケメン選手よりグルメかな」…。雑談しながら約20分歩き、真っ白なアーチ状の屋根を冠したレベルファイブスタジアムに着いた。

 目についたのは入場ゲートに続くブルーの大行列。カップルや親子連れなどさまざまだ。チケットを手に列につくと、おいしそうな香りが…。「まずは腹ごしらえといきましょう」

 焼き鳥やカレーといった露店が食欲をそそる。龍さんがトルコ料理のケバブサンドをごちそうしてくれた。「僕の活動に賛同するサポーター有志からの気持ちです」。ピッチ全体を見渡すバックスタンドの最上段に座り、うま味と感謝をかみしめた。

 対戦相手は9季ぶりにJ2に降格した柏レイソル。「久藤清一監督の就任後初のホーム試合。絶対勝ちたい」。そう話す龍さんに背番号「12」のユニフォームを手渡された。さっそく袖を通すとわくわくして顔がにやけてしまった。

 開始時刻が迫り、選手が入場。周囲を見習いピッチに向けてブルーのタオルを掲げた。「一緒に戦おう」-。そんな空気を感じてぐっときた。さあキックオフ。「自陣に下がり機会をうかがってますね」。龍さんが眼下の動きを解説してくれる。ゴールポスト裏のサポーター集団は「アビスパオ~レ~」と歌って士気を高める。

 ついに攻撃のチャンスが。「オイサー!」。博多祇園山笠の掛け声と仕草で選手を鼓舞する。博多の血が騒ぐ応援に後押しされたのか、スルーパスを受けたFW城後寿選手が右足で押し込み先制点。「よっしゃー」。龍さんと跳び上がり、喜びを爆発させた。

 1-0で前半を終え、後半はゴール裏に移動して観戦。視点がぐっと下がり臨場感が増す。「同志との再会を心待ちに来る人も多い」という龍さんの言葉通り、ハーフタイムはおしゃべりに花が咲いている。そんな和やかな雰囲気は試合再開で一変。ジャンプして声を張り上げる熱気に圧倒されながら、見よう見まねで拳を突き上げた。

 チャンス到来。アビ戦士がシュートを狙ってこちらに近づいてくると、サポーターは「カモン」と言わんばかりに下から手を振り上げる。引き寄せられるようにイレブンと「12番目の選手」の距離が縮まる。その一体感に、やみつきになりそうな感覚を覚えた。

 久藤監督の初勝利がちらついた後半ロスタイム。相手に土壇場で同点ゴールを決められた直後、無情のホイッスルが鳴り響いた。頭を抱え、呆然と立ち尽くすサポーター。それでも次第に拍手が起こり、ピッチを後にする選手たちを応援歌で励ました。その悔し顔に、アビスパを愛する「本気」がにじんで見えた。

 「色々な楽しみ方があるけど、初心者もコアなファンも一人一人が盛り上げ役であることは一緒です」と龍さん。3万人を収容するスタジアムで、この日は1万348人が熱戦に花を添えた。次は勝利の瞬間を味わいたい。静けさを取り戻したピッチを眺め、2度目の参戦を誓った。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ