打ち勝て!海星(下)監督・選手紹介

西日本新聞 長崎・佐世保版

 5年ぶり18回目の夏の甲子園出場となる海星。大舞台での試合に向け、ベンチに入る選手18人と加藤慶二監督に意気込みや目標を聞いた。 (数字は背番号)

加藤 慶二監督

 甲子園ではベスト8、欲を言えばベスト4を目指している。力の差があるチームに競り勝ち、高校野球のおもしろさを見せたい。

(1)柴田 蓮人投手(3年)

 甲子園の大歓声の中でも打者をしっかりと見て、厳しいコースに投げたい。目標は完封。優勝旗を手に長崎に帰りたい。

(2)太田 勇新捕手(3年)

 大舞台で試合ができることをうれしく思う。長打力が持ち味なので、柵越えホームランを打ってチームに勝利をもたらしたい。

(3)大串 祐貴一塁手(3年)

 スタンドの仲間たちの分も精いっぱい戦う。持ち味の思い切った打撃で初球から大きな当たりを打って、強豪校を驚かせたい。

(4)松尾 倫二塁手(3年)

 打撃の勝負強さに自信があり、打席では相手投手の決め球を常に狙っている。チーム初得点は自分のバットで奪いたい。

(5)坂本 芽玖理三塁手(3年)

 長崎県代表として応援してもらえるようなプレーを心掛けたい。主将として誰よりも声を出し、チームを盛り上げたい。

(6)浦田 俊輔遊撃手(2年)

 併殺を確実に完成させる。甲子園では県大会以上に苦しい場面が多くなるが、自分の守備でチームの危機を救いたい。

(7)村上 流星左翼手(3年)

 広い守備範囲と球際の強さを生かしたファインプレーで、試合の流れを呼び込みたい。外野から見える甲子園の景色が待ち遠しい。

(8)松尾 悠一郎中堅手(3年)

 1番打者として、何としても塁に出て中軸に打線をつなぐ。持ち味の足の速さを生かした走塁をしてチャンスをつくりたい。

(9)高谷 艦太右翼手(3年)

 今まで育ててくれた家族に感謝して、甲子園で精いっぱいプレーする。チームの4番として打線をしっかりつなぎたい。

(10)丸嶌 遼投手(2年)

 チームが苦しいときにマウンドに立ち、きっちりと無失点に抑えたい。甲子園で優しい両親に自慢の直球を見せたい。

(11)江越 永輝投手(3年)

 甲子園でも動揺せず、いつも通りの投球をしたい。自慢の直球で相手打線を最少失点に抑え、チームに流れを呼び込みたい。

(12)植木 大智捕手(3年)

 強気な配球が自分の持ち味。投手の良さを引き出し、相手打線を無得点に抑えたい。甲子園でも海星投手陣が通用することを示す。

(13)絵柳 洋登内野手(3年)

 強豪ひしめく甲子園は厳しい戦いになると思う。ここぞという場面に代打で出場し、ヒットを1本打ってチームを盛り上げたい。

(14)溝口 寛太内野手(3年)

 甲子園では両親への感謝の気持ちを忘れず、楽しんでプレーしたい。持ち味の堅実な守備でチームのピンチを救いたい。

(15)宮原 真弥外野手(3年)

 甲子園のグラウンドが楽しみ。三塁コーチが自分の主戦場。勝負どころを見極め、走者を回し、1点でも多くの点を取りたい。

(16)西川 大和外野手(3年)

 広島から憧れの海星に送り出してくれた両親に感謝している。足には絶対の自信がある。積極的に走り、チャンスを広げたい。

(17)山崎 敬太投手(2年)

 先輩たちが甲子園に連れて行ってくれた。今度は自分が先輩たちを頂点に引っ張っていく。県大会よりも成長した投球をしたい。

(18)金色 麟太郎外野手(3年)

 名前の通り、黄金に輝くような思い切ったプレーをしてスタンドを盛り上げたい。打撃では長打を打って甲子園で誰よりも目立つ。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ