「ベスト4に挑戦」 海星ナイン甲子園で初練習

西日本新聞 長崎・佐世保版

 第101回全国高校野球選手権大会の出場校による甲子園練習が2日、甲子園球場であり、ノーシードから5年ぶりの出場を決めた海星が20分間、夢舞台で調整した。

 海星の加藤慶二監督は今大会、1976年以来の4強入りを目指す。その上で「4強より上に挑戦したい」と意気込み、「しぶとい守りをして精神的に優位な状況で(強みの)バッティングを生かしたい」と勝ち上がるポイントを挙げた。

 県大会準決勝で自己最速の145キロをマークした江越永輝投手(3年)は「投げやすかった。自分のピッチングでチームに流れをもってきたい」と活躍を誓った。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ