起こせ!がばい新風-佐賀北 甲子園へ(下)監督、選手18人の意気込み

西日本新聞 佐賀版

 第101回全国高校野球選手権大会に県代表として出場する佐賀北。甲子園で「がばい旋風」は吹くのか。ベンチ入りする18人と久保貴大監督に意気込みを聞いた。

 (1)一言(2)出身中学(3)身長、体重(4)投、打 ※名前の上の[ ]の数字は背番号(メンバーや守備位置は大会で変更されることがあります)

[1]川崎 大輝投手(3年)

(1)まずは1勝。直球とスライダーの緩急で打ち取り、県代表として恥じない投球を見せたい(2)白石(3)175センチ、65キロ(4)左投げ、左打ち

[2]小野 颯真捕手(3年)=主将

(1)夢だった甲子園で勝利し、校歌を歌うのが目標。主将、4番として、チームを引っ張る(2)諸富(3)172センチ、75キロ(4)右投げ、左打ち

[3]宮口 紘輔一塁手(3年)

(1)甲子園では、好機で外野手の頭を越す力強い打球を放ちたい。勝利の願掛けは親子丼(2)昭栄(3)180センチ、75キロ(4)右投げ、右打ち

[4]久保 公佑二塁手(2年)

(1)つなぎの2番打者として、甲子園の打席でも好機を演出する。守備でも確実なプレーを(2)昭栄(3)170センチ、57キロ(4)右投げ、右打ち

[5]宮崎 翔大三塁手(3年)

(1)ガッツあるプレーでチームを盛り上げる。甲子園では、後悔のないよう楽しみたい(2)鹿島西部(3)177センチ、72キロ(4)右投げ、右打ち

[6]古川 隼遊撃手(3年)

(1)甲子園は憧れの場所。大観衆にもおびえず、広角に強い打球を放って勝利に貢献したい(2)嬉野(3)168センチ、73キロ(4)右投げ、左打ち

[7]中村 一翔左翼手(1年)

(1)甲子園出場が現実になり、ワクワクしている。出塁率などで1番打者の役割を果たす(2)東脊振(3)180センチ、78キロ(4)左投げ、左打ち

[8]三浦 椋中堅手(3年)

(1)ファインプレーではなく、確実な守備を見せたい。試合前日は肉を食べてパワーをつける(2)大和(3)168センチ、63キロ(4)右投げ、右打ち

[9]江藤 謙伸右翼手(2年)

(1)甲子園はとにかく楽しむだけ。1試合2安打以上を目標に、積極的な打撃を見せたい(2)牛津(3)180センチ、68キロ(4)左投げ、左打ち

[10]真崎 竜也投手(3年)

(1)川崎の連投に備えて、いつでもマウンドに上がれるよう準備する。動く直球で仕留めたい(2)神埼(3)182センチ、76キロ(4)左投げ、左打ち

[11]荒谷 紘匡投手(1年)

(1)中学時代から甲子園を目指して練習してきた。1年生らしく、直球勝負で挑む(2)東原庠舎中央(3)182センチ、65キロ(4)左投げ、左打ち

[12]諸富 公太朗内野手(3年)

(1)甲子園でもベンチからの大声でチームを盛り上げたい。途中出場に備えて準備は万端(2)鍋島(3)170センチ、65キロ(4)右投げ、右打ち

[13]碇 僚太朗内野手(2年)

(1)甲子園開幕が待ち遠しい。代打の切り札として、少ない打席でも勝負強さを発揮したい(2)鍋島(3)180センチ、78キロ(4)左投げ、左打ち

[14]坂口 巧外野手(3年)

(1)代走起用が多い。常に次の塁を狙う積極的な走塁で、甲子園のグラウンドを駆け抜けたい(2)白石(3)175センチ、75キロ(4)右投げ、左打ち

[15]武富 真平外野手(3年)

(1)甲子園に行くために北高に入った。代打、守備、どの役割でも全力を尽くす(2)大町ひじり学園(3)176センチ、60キロ(4)右投げ、左打ち

[16]大古場 涼介内野手(3年)

(1)三塁コーチャーとして的確な指示を出し、1点でも多くチームの得点につなげたい(2)武雄北(3)178センチ、70キロ(4)右投げ、左打ち

[17]日宇 駿斗内野手(3年)

(1)センターから逆方向への打撃が得意。代打で出場し、試合の流れを変える一打を放つ(2)三日月(3)175センチ、76キロ(4)右投げ、左打ち

[18]千綿 洋登投手(3年)

(1)ベンチワークに徹し、チームを盛り上げる。伝令では、笑顔で選手の緊張をほぐしたい(2)思斉館(3)180センチ、66キロ(4)右投げ、右打ち

 久保 貴大監督(30)

佐賀北OBで2017年に監督就任。選手時代はエースとして全国制覇を経験。「普段通りのびのびと、元気よくプレーしてほしい」

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ