シニア漫画を描きたい… 福岡で展覧会 藤子不二雄(A)さん

西日本新聞

 85歳になった漫画界の大御所、藤子不二雄(A)さん。その歩みは、日本漫画の歴史を象徴しています。故手塚治虫さんに憧れ、漫画家が集まったトキワ荘(東京)で仲間と過ごした日々。そして「怪物くん」「笑ゥせぇるすまん」などの大ヒット。福岡市で開催中の「藤子不二雄(A)展」(18日まで)を機に、藤子さんの漫画家人生を聞きました。

 ー展覧会は、東京に次いで2カ所目ですね。

 ★藤子 僕らの展覧会というと、だいたい生原稿を展示するんですけど、それじゃつまらない。僕は割といろんなジャンルの作品を描いてきたので、作品を元にいろんな展開をして、誰もが楽しめるようにしたいと思っていたら、スタッフが乗り気になって、皆が自主的に考えて、いろんな仕掛けがあります。僕自身もエンジョイできる、すてきな展覧会になりました。僕の作品を読んだことがない子どもたちにも興味を持ってもらえるとありがたいですね。

 ー展示は漫画家人生の集大成ですね。

 ★藤子 父はもともと寺の住職でした。小学5年生のとき亡くなり、新しい住職が来たので僕は転校して、転校先で藤本(弘)君(藤子・F・不二雄)と運命の出会いをしたんです。2人とも手塚治虫先生の大ファンで、気が合ったんですね。

 ー富山から2人で上京して漫画家になった後、原稿が締め切りに間に合わなかった失敗があったんですね。

 ★藤子 いっぱい原稿を引き受けていたらパンクしてしまったんです。漫画家になって半年くらいの頃。最初に失敗したから良かったんですよ。2年間干されましたが。そして、1人だとやめていたかも知れませんが、2人で励まし合って、あらためて漫画を描く元気が出てきた。2年後から仕事も入ってきて、それからは一度も原稿を落としたことはありません。

 ー藤本さんとの思い出を振り返ると。

 ★藤子 彼は天才的な漫画家でした。ゴルフもしない。映画を見るか、読書をするか。家は隣同士で、朝は一緒に出勤して、夕方5時になると彼は帰るんです。僕は誘いがあると遊びに行くけど。彼は本当に真面目。だから、ずっと童心を持って「ドラえもん」を描き続けることができたんですね。僕は子ども漫画が描けなくなって。ちょうど読者の年齢も上がったので、青年漫画誌で1968年に発表した「笑ゥせぇるすまん」とかを描きましたが。

 ー当時、時代を先取りした作品も多かったようですね。

 ★藤子 引きこもりを描いた「明日は日曜日そしてまた明後日も…」(71年)は、自分の体験とかも含めて、こういう人たちがいて、と考えたんですね。「魔太郎がくる!!」(72~75年)も、いじめに遭った人が恨みを晴らす作品。その後にいじめが社会問題になって、僕のところにも討論会の要請があったんですが、一切出なかった。そういう風に先走りするところがあって、「プロゴルファー猿」も、発表した74年ごろはゴルフはまだ大人でもやってる人が少なかった時代。当時は野球が全盛でしたから。自分の中から湧いた気持ちを膨らませて、自分の実感で描いてきましたね。

 ー現在は漫画の執筆は?

 ★藤子 70代後半までは描いていたんですけど、立て続けに入院を繰り返して、それで描かなくなったんです。でも2年前に手術してからは元気ですよ。ゴルフは週2回行ってるし。映画もよく見てますね。友人から「人造人間」と言われます。

 映画などで刺激を受けると、漫画の構想が湧きますね。今、少子高齢化で、お年寄りはつらいじゃないですか。実は今、シニアのための漫画を考えているんですよ。タイトルもキャラクターもあるんです。もう描くのは無理だとは思うんですけどね。

 ーところで、九州の印象はどうですか。

 ★藤子 九州は何回も来ていて、大好きです。皆さん外交的で、いろんな人とお付き合いされてますね。出身の富山県は昔雪国で、冬は寒くて外に出られなかったので…。

 ▼ふじこ・ふじお・エー 1934年3月10日生まれ、富山県出身。本名は安孫子素雄。51年、故藤本弘氏と共にデビュー。「藤子不二雄」として漫画を描き続ける。87年にコンビ解消。代表作は「忍者ハットリくん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」「笑ゥせぇるすまん」など。「藤子不二雄(A)展-(A)の変コレクション-」は18日まで、福岡市・天神の西鉄ホール。トキワ荘の部屋を再現したセットや、写真撮影用のパネル、ミニシアターなどを楽しめる。入場料金は中学生以上1000円、4歳から小学生まで600円。

PR

PR

注目のテーマ