感動分かち合い閉幕 さが総文

西日本新聞 佐賀版

【総合開会式】県内の高校生が劇「蒼天の翼」を演じると、会場は大きな拍手に包まれた 拡大

【総合開会式】県内の高校生が劇「蒼天の翼」を演じると、会場は大きな拍手に包まれた

【パレード】初日の7月27日、迫力あるマーチングバンドが街頭の見物客を魅了した 【茶道部門】県内の高校生が参加者にお茶を振る舞った 【美術・工芸部門】思い思いの花の絵を描く高校生 【将棋部門】プロ棋士との指導対局で真剣な表情をみせる高校生

 県内各地で開かれていた第43回全国高校総合文化祭(さが総文)が1日、幕を下ろした。「文化部のインターハイ」とも呼ばれ、全国の高校生約2万人が日頃の活動の成果を披露しようと集まった。舞台や発表などを通じて交流を深め、仲間と感動を分かち合った。6日間の祭典を写真で紹介する。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ