佐賀北、攻守の練習に汗 6日 神村学園戦 浜風対策も

西日本新聞 佐賀版

 第101回全国高校野球選手権大会に出場する佐賀北ナインは4日、兵庫県西宮市のグラウンドで、大会初日に対戦する鹿児島県代表の神村学園戦に向けた練習に汗を流した。

 組み合わせ抽選会から一夜明けたこの日は約2時間、対戦相手を想定した打撃練習やシートノック、バント練習を実施。甲子園特有の「浜風」対策で、内外野フライの捕球練習もメニューに組み込んだ。

 体調不良で前日の抽選会に欠席した小野颯真主将も練習に参加。「体調は完全に回復した。県大会より打撃の調子は良いので、神村学園との初戦が楽しみ」と元気な姿を見せた。久保貴大監督は「試合まで時間は少ない。しっかり準備や調整をして、初戦に挑みたい」と話した。

 ナインは6日の開会式後、午後1時からの第2試合に登場する。

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ