新幹線新大牟田駅に駅ピアノ

西日本新聞 社会面

 福岡県大牟田市の九州新幹線新大牟田駅に、誰でも自由に弾けるグランドピアノが置かれ、4日の式典で、ピアノを習う子どもらが演奏を披露した。

 旧市民会館などで40年以上使われ、更新に伴い廃棄予定に。「乗降客のおもてなしと、にぎわい創出を」との声を受け市が移設した。

 九州新幹線を巡っては先日、西九州(長崎)ルート整備に難色を示す山口祥義佐賀県知事が、新大牟田駅を例に挙げて「在来線利用者には不便になった」という趣旨の発言をした。この日の式典会場で市幹部は「それでも私たちは、利用者増の施策を懸命にやるしかないんです」。

PR

PR

注目のテーマ