特急「ゆふいんの森」エアコン異常で運休 猛暑の影響か

西日本新聞 社会面

 4日午後1時50分ごろ、JR久大線の日田駅(大分県日田市)‐久留米駅(福岡県久留米市)間で、由布院発博多行き特急「ゆふいんの森2号」(5両編成)のエアコンの効きが悪くなるトラブルがあった。猛暑で機械が異常を起こした可能性があるという。

 JR九州によると、走行中の車内の温度が上がり、乗務員が異常に気付いた。鳥栖駅で調べると、車両下のエアコンの冷却装置が過熱状態で、水を掛けて冷やすと正常に作動したという。

 JR九州は乗客の体調を考慮して列車を運休させ、乗客200人は久留米駅で新幹線に乗り換えるなどした。体調不良の訴えはなかったという。博多駅からの折り返し運転も35分遅れ、計300人に影響した。

 福岡管区気象台によると、久留米市の気温は午後1時半に35・8度まで上がり、午後3時10分に37・4度の最高気温を観測した。

PR

PR

注目のテーマ