誕生前刻まれた不安 原爆小頭症 つなぐ~胎内被爆者の74年(3)

西日本新聞 社会面

 被爆直後のナガサキの街は「70年は草木も生えない」と言われた。被爆した妊婦からは「肢体の不自由な子が生まれる」-。しばらくすると、そんなうわさも流れた。

 臨月に入っていた当時19歳の岳野カズヱさん(93)=長崎県西海市=はあの日、自宅で裁縫中だった。夫は不在で、身重の体がつらく、早朝に空襲警報が鳴っても防空壕(ごう)に行かなかった。爆心地から3・2キロ。ピカッと感じ、とっさに布団をかぶった。爆風で壁やタンスが吹き飛んだが、辛うじて生き延びた。

 長女が生まれたのは2週間後の8月22日。自宅再建もままならない中、元気な産声に胸をなで下ろした。「ただただ、無事に生まれてくれてよかった」。今春入所した特養ホームで岳野さんは振り返る。

 胎内で被爆した長女はいま、73歳になった。放射線の健康への影響は今でもはっきりしないことが多いが、幸い、大きな病気もなく過ごしてきた。

 長女によると、米国の原爆傷害調査委員会(ABCC)の調査を小学4、5年まで年1回受けた。ジープ型の車が家の前まで迎えに来て、体のあちこちを調べられた。お菓子をもらえるので最初は行くのが楽しみだったが、学校では「原爆はうつる」と陰口をたたく人もいた。

 中学卒業後に就職した長女。「生活が苦しく、自分が被爆者かどうかなんて考える余裕はなかった」。友人にも、自分が被爆者だと伝えたことはない。

   ◇    ◇

 放射線の影響による流産や死産を免れたものの、生を受けたときから苦難の道を歩んできた人たちがいる。知能や身体に障害を伴う「原爆小頭症」の被爆者だ。

 長崎原爆に遭った大場幸江さん(仮名)=当時18歳=の長男、正一さん(同)もその一人。幸江さんは爆心地から1キロで被爆し、高熱や吐血などの急性症状に苦しめられた。髪の毛は抜け落ち、ようやく床を離れられるようになった1946年1月に出産。正一さんは頭が小さく、発育が遅かった。年を経るにつれて2歳下の弟との間に知能の差が現れた。その「違い」がやるせなかった。

 ABCCは、50年代半ばには正一さんのような事例を確認していたとみられる。しかし、世間ではその存在は知られておらず、患者や家族は孤立した。65年、小頭症の子を持つ親による「きのこ会」が広島で発足した。親同士で悩みを共有し、社会への働き掛けを強めた。国がようやく原爆症と認定したのは被爆から22年後。67年のことだった。

 正一さんは2016年、70歳でこの世を去った。福祉作業所で長く働き、晩年は長崎市内のグループホームで過ごした。正一さんの父は生前、福祉団体の冊子に手記を寄せ、心の内を吐露した。「原爆さえ落ちなければこの子も正常であったろうに」

 国が認定する原爆小頭症患者は今年3月末現在で18人。きのこ会の会長、長岡義夫さん(70)=広島市=は、コーヒーカップほどの小さな頭で生まれてきた兄(73)に寄り添い、老後を共に生きる覚悟だ。「兄は生まれながらに不条理を背負ってきた。今はただ、長生きしてほしい」

【原爆小頭症】正式名称は近距離早期胎内被爆症候群。胎内被爆により発症する。頭部が通常より小さく、知能や身体に障害を負う。妊娠初期、爆心地から近い距離で被爆した際に発症頻度が高いとされ、出生児の頭囲が標準を下回っていたことから「原爆小頭症」と呼ばれる。厚生労働省によると、1990年前後には最多の26人を原爆症として認定。2004年度を最後に認定された人はいない。20歳まで生きられないとも言われたが、結婚し、子がいる人もおり、障害の程度はさまざま。16人の患者とその家族らでつくる「きのこ会」が活動を続ける。患者会員の両親は全員他界した。長崎市には患者1人が暮らし、保健師が定期的に面談している。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ