久留島賞に小寺さん、上田さん 玖珠町で全国語りべ大会

西日本新聞 大分・日田玖珠版

 第7回久留島武彦顕彰全国語りべ大会(実行委員会主催、西日本新聞社後援)が4日、玖珠町岩室のくすまちメルサンホールであった。小学生の部、一般の部に計14人が出場し、最高賞の久留島武彦賞に小学生の部は佐伯市の佐伯東小4年、小寺陽香さん(9)、一般の部は埼玉県幸手市、上田みつ子さん(52)がそれぞれ選ばれた。

 童話口演活動に生涯をささげた同町出身の久留島武彦の精神を継承し、児童文化を発展させようと毎年開催。音声データによる1次、2次予選には全国から計53人が参加した。

 小寺さんは、初出場での栄冠。吉四六話「火事騒動」を表情豊かに演じきった。「緊張しましたが、早口にならないように気をつけました。本当にうれしい」と笑顔を見せた。

 上田さんも初出場で、ユーモラスな民話「へっこきよめさま」で会場の笑いを誘った。「今できるベストの演技ができました。玖珠町の方のおもてなしの心に感謝しています」と話した。

 他の入賞者は次の通り。 (敬称略)

 日本青少年文化センター理事長賞=渡辺碧海(栃木県那須町・那須高原小6年)、清沢洋一(東京都練馬区)▽玖珠町長賞=藤本佳音(京都市・明徳小6年)、斎藤留美子(栃木県那須町)▽共感賞=吉村聖人(玖珠町・日出生小5年)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ