岩石山に「落ちない巨岩」 受験生、願掛けにいかが 赤村・添田町

 赤村と添田町にまたがる岩石山(がんじゃくさん)(454メートル)の中腹に、絶妙なバランスを保った「落ちない岩」がある。赤村役場の担当者は「受験前の願掛けに訪れては?」と勧める。

 赤村役場から車で約10分。赤村側にある登山口の駐車場に車をとめ、登山道を10~15分程度歩くと…。突如見えてきたのは、岩と岩の間に挟まって、中ぶらりんになった2メートル超の巨岩だ。

 ナンダコレ?。転がり落ちてきたのだろうか。当たり前だが、押してもびくともしない。村政策推進室の山野翼さんによると、人が巨岩を支えているように見える写真が撮れるため、撮影で訪れる人も多いという。

 かつて「豊前一の堅城」といわれる山城があったという岩石山。取材で訪れた巨岩までは「子どもでも気軽に登れる」(山野さん)。ただ急な坂道もあり、滑らないように注意が必要だ。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR