今津音頭を自治協が制作 22日、校区の夏祭りで総踊り 福岡市西区

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福岡市西区の今津校区自治協議会は、住民に地元への愛着を持ってもらおうと「今津音頭」を制作した。今津の豊かな自然や歴史、文化を盛り込んだ歌詞に、若い世代に好まれるよう軽快なリズムの曲を付け、振り付けも考案した。22日午後6時半から今津小で開かれる校区の夏祭りで、住民たちが出来たての音頭に乗って総踊りする。

 これまで校区の夏祭りでは「炭坑節」を踊ってきたという。ただ地元の人からは「今津ならではの音頭があれば、地域をもっと活気づけられるのではないか」との声が出ていた。

 このため、自治協は「今津のことを歌詞にした曲をつくれば、地域の良さを住民に再認識してもらういい機会になる」と、独自の音頭づくりを決めた。

 今年春になって、自治協の役員が知り合いの作曲・編曲家の日下部徳一郎さん(70)=小郡市=に作詞作曲を依頼した。日下部さんは歌詞に、今津の海岸や松原、干潟に生きるカブトガニといった恵まれた自然をつづった。史跡が残る元寇(げんこう)防塁、今津にゆかりのある日本の臨済宗の開祖、栄西にも触れた。曲調は、自然と体が動きだすようなサンバのリズムだ。

 振り付けは、日本舞踊を教える地元の石橋かち子さん(76)らが担当した。こぶしで天を突いて波の力強さを表現し、両腕を上げて円を描く動きは、地域資源の豊かさを示しているという。

 7月上旬には、自治協役員や地域のさまざまな団体の関係者約70人が今津公民館に集まり、音頭の発表披露会を開いた。自治協の古藤英俊会長は「みんなに親しまれ、末永く歌い、踊り続けられる音頭になってほしい」と願いを語った。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ