海星が入場行進「熱気感じた」 甲子園開会式

西日本新聞 長崎・佐世保版

 第101回全国高校野球選手権大会の開会式が6日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、県代表の海星の選手たちは約2万人の観客が見守る中、全国の代表校とともに入場行進した。

 昨年優勝した大阪桐蔭の主将を先頭に、都道府県の代表49校が北から南の順に入場。44番目に登場した海星の選手は元気よく脚を上げ、笑顔で行進した。

 県大会の優勝旗を手にチームを率いた坂本芽玖理主将(3年)は「リハーサルとはまた違う雰囲気で、スタンドの熱気を感じた。やっと始まったと実感した」と声を弾ませた。 

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ