動物園周辺のランチマップ作成 大牟田の市民グループ、23店紹介

西日本新聞 筑後版

 大牟田市を応援しようと多彩な活動を続ける市民グループが、市動物園(昭和町)の観光客向けに市内の飲食店を紹介する「おもてなしランチマップ」(三つ折れA3判)を作成した。動物園周辺を中心に、家族向けのレストランやカフェ、そば店など23店を掲載。寄贈を受けた動物園は入り口で配布し、入園者に好評だ。

 グループは「Kuu~!(くー)大牟田を永代に愛し続けてもらえるように応援し盛り上げる会」。2016年に結成し、現在は自営業者や医師、会社員ら大牟田市と近郊に在住の13人がメンバーで、市内のイベントを裏方として支援するなどボランティア活動を進めている。ランチマップは、動物園駐車場で車両を誘導するシルバー人材センターの担当者から「来場者に食事する場所をいつも聞かれて困っている」との声を聞き、「これなら自分たちでできる」と企画した。

 メンバーが各店を回り、1店当たり掲載料5千円で資金を集め、7月に1万5千部を作製した。グループ代表の大庭健さん(51)は「動物園は大牟田の誇れる場所。これからも支援していきたい」と話している。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ