北朝鮮が飛翔体2発 2週間で4回目 文氏“秋波”の翌日

西日本新聞 国際面

 【ソウル池田郷】韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が午前5時24分ごろと同36分(日本時間同)ごろ、南西部の黄海南道クァイル郡付近から日本海へ向けて短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体計2発を打ち上げたと発表した。高度約37キロ、飛距離約450キロ。7月25日以降、飛翔体発射は4度目となる。北朝鮮外務省は5日に始まった米韓合同軍事演習を非難する報道官談話を出した。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は5日、日本の輸出規制強化に関連して北朝鮮に対し「(平和・経済協力体制ができれば)一挙に日本の優位に追い付くことができる」と呼び掛けたばかり。その直後のミサイル発射となり、聯合ニュースは「文大統領の(平和の)メッセージはやや色あせた形だ」と指摘した。

 韓国軍によると、今回の飛翔体の最高速度はマッハ6・9以上で、北朝鮮が7月25日に発射した短距離弾道ミサイルと飛行特性が類似。変則的な軌道が特徴のロシア製高性能弾道ミサイル「イスカンデル」に似た新型とみている。菅義偉官房長官は記者会見で「わが国の領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認されていない」と述べた。

 北朝鮮は6日に発表した外務省報道官談話で、米韓軍事演習は南北、米朝の合意に違反すると重ねて批判し、米韓が警告に無関心な態度を取れば「高い対価を払わせる」と強調。米国との非核化交渉について「新たな道を模索せざるを得なくなるかもしれない」と対話路線の変更もちらつかせて関係国をけん制した。

PR

PR

注目のテーマ