福岡市民会館で異臭騒ぎ 県警テロ対応部隊が出動

西日本新聞 社会面

 6日午後6時20分ごろ、福岡市中央区天神5丁目の市民会館の職員から「建物の中で異臭がして、体調不良の女性がいる」と119番があった。市消防局や福岡県警のNBC(核、生物、化学)テロ対応専門部隊が出動し、周辺を一時封鎖する騒ぎになった。

 福岡中央署によると、会館内で清掃作業中だった女性職員(57)を病院に搬送した。命に別条はないという。女性は「ごみ箱の中の液体をかいだら気分が悪くなった」と説明。ごみ箱の袋の中に白っぽい液体が確認されたが、現場での調査では有害物質は検出されなかった。署はさらに詳しく調べる。

 会館ではこの日、高校生が参加する音楽コンクールが開かれていた。現場には消防車18台、救急車2台が出動、防護服姿の消防隊員らが行き交い、職員らが一時屋外に退避するなど、ものものしい雰囲気に包まれた。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ