【世界のミカタ】ケニア 40以上の民族 マラソンが強い理由は… 介護施設職員 ウィリー・チェシレ・チェルイヨットさんに聞く

西日本新聞 こども面

ウィリー・チェシレ・チェルイヨットさん。取材のためにカレンジン族の伝統的な衣装を着てくれた。「マサイ族の衣装とよく似ています」 拡大

ウィリー・チェシレ・チェルイヨットさん。取材のためにカレンジン族の伝統的な衣装を着てくれた。「マサイ族の衣装とよく似ています」

ウィリーさんの実家があるチェプカンガの風景。世界トップのマラソン選手たちもこのような道を走ってトレーニングしているという ままごとをして遊ぶウィリーさんの親せきの子どもたち=チェプカンガ 料理に使う火をたくため、まき拾いをする子どもたち。いなかでは家の外にキッチンやトイレがある家庭が多いという=チェプカンガ 牛の世話をする男の子。朝5時に起きて牛乳をしぼり、チャイというミルクティーにして飲むという。ケニアの子どもたちにとって家の仕事を手伝うのは当たり前のことだ=チェプカンガ こんにちは(スワヒリ語)ジャンボ ケニアの地図

 九州に暮らす外国人らがふるさとを紹介する「世界のミカタ」。今回は東アフリカのケニアです。マラソンの国際大会ではケニア人選手たちの大活躍が目立ちます。米国のオバマ前大統領の父親もケニア出身で知られています。23年前にケニアから留学生として来日し、現在は福岡市で介護施設職員として働くウィリー・チェシレ・チェルイヨットさん(44)に話を聞きました。

【紙面PDF】ケニア ウィリー・チェシレ・チェルイヨットさんに聞く

 「ジャンボー!」。ウィリーさんがスワヒリ語で元気にあいさつした。「ジャンボは英語のハローのような感じ」とウィリーさん。「ジャンボ」には「ジャンボ」と返事をするそうだ。

 ディズニー映画「ライオン・キング」で有名になった「ハクナマタタ」も「問題ない」という意味のスワヒリ語。ウィリーさんは「楽しく生きるために、ぜひ知ってもらいたい言葉」と話す。ケニアではお祝いの時はもちろん、「悲しいことがあっても踊って気分転換する。そうすれば『ハクナマタタ』ですよ」と笑った。

 日本ではマサイ族が知られているが、ケニアには40以上の民族がいる。ウィリーさんはカレンジン族で、マラソンに強い人が多い民族でもある。「名前がキプ○○、または私と同じチェ○○などで始まる選手は多くの場合カレンジン族です」と教えてくれた。

 カレンジン族はなぜマラソンに強いのだろう? ウィリーさんは「家から何キロも離れた学校まで走って通学しているからでしょう」と話す。標高が高いため空気が薄く、心臓もきたえられるという。「私の実家に近いイテンという町からは、多くの世界トップ選手が生まれている。子どもたちのヒーローであり、目標にもなっている」という。

 ケニアの主食はトウモロコシの粉を練ったウガリ。青汁の材料でもあるケールという葉もよく食べ、味付けは民族によって違うそうだ。ウィリーさんは「栄養たっぷりの食事がケニア人の強い体を作っている」と誇らしげに話してくれた。

●こどものQ

 アフリカというと暑い国が多そう。ケニアの人はみんな暑さに強いのですか?

 赤道直下ではありますが、首都のナイロビは標高が約1700メートル。日差しは強いけれど気温は暑いときでも25度前後です。沿岸のモンバサでも30度前後で、ほとんどの地域は1年を通して涼しいんですよ。

    ×      ×

国名 ケニア共和国
首都 ナイロビ
面積 59万1958平方キロ
人口 5095万人(2018年推定)
通貨 ケニア・シリング
宗教 プロテスタント48%、カトリック23%、イスラム教11%(2009年推定)、ほかに伝統宗教
住民 主要民族はキクユ22%、ルヒヤ14%、ルオ13%
言語 英語、スワヒリ語が公用語

  ※共同通信社「世界の年鑑2019」より

PR

PR

注目のテーマ