前立腺がん治療の問題点から最新の治療法まですべてがわかる!

西日本新聞

 がんが日本人に死亡原因の上位になっていることもあって、がんという病気への関心がとても高くなっている。がんが「不治の病」ではなくなった現在、「がんにならないにはどうすればよいか」、そして「がんになったらどうやって治すか」という点に、関心の中心があるといえるだろう。本書の著者によれば、がん治療のトレンドは5年周期で大きく変化するそうで、前立腺がんについても大きな転機の渦中にあるという。本書はまさしく最先端の前立腺がん治療について教えてくれる好著である。

 がん治療に限らず、多くの医療分野で内視鏡や腹腔鏡、手術補助ロボット(ダビンチ)を使った手術が行われるようになっているのは周知の通りだ。低侵襲の術式は出血が少なく輸血の必要がない、傷口が小さいので身体的な負担が軽いなど、手術を受ける患者さんに多くのメリットをもたらしてきた。こうした恩恵があることは前立腺がんの治療も例外ではない。

 しかし、それでも課題が残る。従来の前立腺がん治療では手術後に再発や尿漏れ、ED(勃起不全)といった後遺症に悩む患者さんが多いというのだ。どうすればこの課題を克服できるか。そこで世界的な視野で見たときに注目を浴びているのが放射線治療である。著者は前立腺がん治療のトレンドは、放射線治療に大きくシフトしているといい、具体的に病院や研究施設、医師・研究者の名前をあげながら国内外の治療例を多く紹介している。

 全体に医学用語、専門用語が頻出するので少々読みにくいという印象がある。がん治療について詳しく説明するという本書の性格上、これはやむを得ない。しかし、「放射線はどうしてがん細胞をやっつけられるのか」といったような医学の基礎知識の解説もふんだんに盛り込まれているので、医学の素人にもとても分かりやすくなっている。

 まるごと1冊、発症のメカニズムから検査・発見、治療法まで、一貫して前立腺がんを扱っている本書は、実際に前立腺がんで悩んでいる患者さんはもちろん、罹患するリスクが高くなる年齢層の男性にも福音をもたらしてくれるに違いない。
 

 

出版社:潮出版社
書名:後悔のない前立腺がん治療 再発、尿もれ、EDを避けるために
著者名:藤野邦夫
定価(税込):1,620円
税別価格円:1,500円
リンク先:http://www.usio.co.jp/books/paperback/19416

西日本新聞 読書案内編集部

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ