マハティール首相が講義 宗像市で「次世代リーダー養成塾」

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 宗像市で開かれている「第16回日本の次世代リーダー養成塾」(塾長・中西宏明経団連会長)で7日、恒例となっているマレーシアのマハティール・モハマド首相(94)の講義があった。マハティール氏は世界的な課題となっているプラスチックごみ問題や核兵器について触れ「科学技術の使い方は人が選ぶものであることを忘れないでほしい」と全国から集まった高校生たちに語りかけた。

 マハティール氏は第1回から毎年、講義を続けている。7月26日に始まった今年の養成塾で、高校生たちはプラごみ問題についても熱心に議論、この日は対処法について、考えをマハティール氏に伝えた。

 これを踏まえてマハティール氏は「プラスチックを開発した時、人類は偉大な技術を発明したと信じた。しかし生物分解できずに半永久的に残るごみが人類や生物の生命を脅かす存在になっている」と強調し、次世代がこの課題に継続的に取り組むよう訴えた。

 さらに核兵器についても言及。「原子力という科学技術が人を殺すことに向けられたことで、広島と長崎に原爆が落とされた。人を殺すために技術を使う人々は、文明化されていない」と厳しく批判。「選択肢は、未来のリーダーである皆さんの手の中にある。『政府予算を兵器開発に使わず、社会をよくすることに使おう』と若い世代こそが意見表明をしてほしい」と呼びかけた。

 マハティール氏は今年、マレーシアで次世代リーダー養成塾を設立。今後、日本の養成塾との共同事業や高校生サミット開催なども視野に入れているという。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ