熊本市で「パートナー宣誓」第1号 2人「認められ安心感」

西日本新聞 熊本版

パートナーシップの宣誓文を読み上げるカップル 拡大

パートナーシップの宣誓文を読み上げるカップル

 熊本市は8日、性的少数者(LGBT)のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」に申し込んだ市内のカップルに宣誓書受領証を交付した。4月の制度開始後、第1号となった2人は「男女のカップルと同じように関係を認めてもらい、安心感がある」と喜んだ。

 2人は西区在住で、男性との性自認を持つイラストレーターの女性(23)と、アルバイトの女性(22)。中学の同級生で、今年から交際を始めた。市役所であった交付式で「お互いをその人生のパートナーとすることを宣誓します」と述べ、多野春光副市長から受領証を手渡された。2人は「うれしい限り。自由に暮らせるように世の中が変わるきっかけになるといい」と話した。

 市によると、宣誓制度はともに満20歳以上で独身であることなどが条件。申し込んだカップルには、市営住宅の入居申し込み時に親族同等に扱うなどの対応を取るという。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ