若松ボートで逆バンジー!? VR体験イベント 25日まで毎日開催

西日本新聞 北九州版

 ボートレース若松(北九州市若松区赤岩町)は仮想現実(VR)を使ったアトラクションイベント「VRスタジアムinボートレース若松」を夏休み限定で開催している。レースがない日も東スタンド2階で毎日実施する。25日まで。

 会場にはVRゴーグルを着けて遊ぶ六つのアトラクションが並ぶ。空に向かって打ち上がる「逆バンジー」や、射撃アクションを体験できるゲームなどがある。担当者によると、ボートレース場でのVRを使った同規模のイベントは全国初という。

 家族連れや若年層など、多くの人にボートレース場に来てもらおうとする取り組みの一環。担当者は「普段はボートレース場に足を運ばない人も、迫力満点のVRを体感しに来てほしい」と呼び掛けている。

 開場は午前11時~午後7時(9日は午後2時~同7時)で、最終入場は午後6時。料金は1アトラクション200円、3アトラクションで500円。レース開催日は、ボートレース入場料として別途100円が必要。7歳以上が対象(13歳未満は保護者の同伴が必要)。問い合わせは、ボートレース若松=093(791)3400。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ