祈りの光 世界照らせ 長崎原爆から74年

西日本新聞 一面

 長崎原爆の日(9日)を前に、長崎市松山町の平和公園で8日夜、市民が手作りキャンドルに火をともす「平和の灯(ともしび)」や夜空に光を照射する「祈りの光」が行われた。原爆投下から74年を迎える被爆地は、犠牲者の冥福と世界平和を願う柔らかな光に包まれた。

 公園内には市内外の小中学生が作ったキャンドル約3千本が並び、午後7時ごろに点灯が始まると「二度と戦争を起こさない」などと書かれたメッセージが浮かび上がった。長崎市の山里小2年、楠本華菜さん(7)は「みんなが笑顔になれば平和になる」と話し、「えがお」とキャンドルに書き添えた。

 サーチライトで夜空を照らす「祈りの光」は初の試み。平和を希求する被爆地の強い信念を象徴するように、天に向かって一筋の光が伸びた。

 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典は9日午前10時40分から平和公園で開催。原爆投下時刻の11時2分に参列者全員で黙とうする。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ