熊本地震被災の俵山ルート、9月14日全線開通

西日本新聞 社会面

 国土交通省と熊本県は8日、2016年4月の熊本地震で被災した県道熊本高森線「俵山トンネルルート」(同県西原村-南阿蘇村、約10キロ)の復旧工事を終え、9月14日に全線開通すると発表した。

 国交省九州地方整備局によると、大規模災害復興法に基づく代行事業として復旧を順次進めており、西原村の俵山大橋(165メートル)の架け替え工事が今月3日に完了。最後に残されていた同村の大切畑(おおきりはた)大橋(265メートル)の補修工事も完了のめどが立ったという。

 同ルートは、南阿蘇地域と熊本市方面を結ぶ主要道路。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ