人吉球磨スマートIC開業 九州自動車道 道の駅「人吉」も

西日本新聞 熊本版

開通の記念式典が行われた人吉球磨スマートインターチェンジ 拡大

開通の記念式典が行われた人吉球磨スマートインターチェンジ

 九州自動車道の人吉球磨スマートインターチェンジ(IC)が人吉市浪床町に完成し10日、供用を始めた。同ICから1・6キロ離れた人吉クラフトパーク石野公園(同市赤池原町)は施設を充実し、道の駅「人吉」として同日、再出発した。

 同ICは自動料金収受システム(ETC)専用。人吉-えびのIC間に設置され、上下線とも利用可能。国道219号と接続しており、錦町、あさぎり町方面とのアクセスが向上する。

 道の駅として登録された同公園は、伝統工芸の体験施設や物産館などを備え、1989年に開業。利用低迷へのてこ入れ策として、公衆無線LAN「Wi-Fi」や案内板などを整備して再出発することになった。最新規格であるETC2・0搭載車なら、人吉球磨スマートICから一時退出して道の駅を利用できる。

 記念式典で松岡隼人人吉市長は「観光の新たなスポットとして、地域のにぎわい創出に貢献を」と、新ICと道の駅の開業に期待を示した。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ