ラグビー日本代表に声援 博多区でパブリックビュー

西日本新聞 ふくおか版

 ラグビーのパシフィック・ネーションズカップの最終戦となる米国戦(スバ=フィジー)のパブリックビューイング(PV)が10日、福岡市博多区のハードロックカフェ福岡であり、多くの観客が日本代表へエールを送った。

 同カップは9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の前哨戦。日本大会は、福岡市でも3試合が行われる。開幕まで1カ月余りとなり、機運をさらに高めようと市や県などでつくる福岡開催推進委員会がPVを企画した。

 会場には夏休みの親子連れなど約80人が集まり、画面に映し出されるダイナミックなプレーに大きな歓声が上がった。試合は前半、日本チームがトライを決め先制。その後も好プレーが続き優勝を決めると、地元の少年ラグビークラブに入っている春日市の小学2年小森晴登君(7)は「かっこいい」と目を輝かせた。

 日本大会では、福岡市のJR博多駅前広場などでもPVが開催される。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ