【やさしい日本語】じどうで はしる  バスが、ひとを  のせて  どうろを  はしった

長崎(ながさき) (けん)   () 馬市(しまし) が、(ひと) が  運転(うんてん) しなくても  自動(じどう) で  (はし) る  バスの  実験(じっけん) をしました。

バスには  ハンドルが  ありません。

「GPS(Global Positioning System)」の  情報(じょうほう) や、(ちか) くに  (もの) が  あるときに  () かる「センサー(sensor)」を  使(つか) います。

実験(じっけん) は  8(がつ) 3(みっか) と  4(よっか) に  ありました。バスは  対馬(つしま) の  市民(しみん) を  () せて、行事(ぎょうじ) の  会場(かいじょう) へ  (はこ) びました。

市民(しみん) が  () って、本当(ほんとう) に  道路(どうろ) を  (はし) る  実験(じっけん) は、  日本(にっぽん) で  はじめてだそうです。

バスは  350メートルの  距離(きょり) を、6キロの  (はや) さで  (はし) りました。

対馬(つしま) () は「自動(じどう) で  (はし) る  バスは、お年寄(としよ) りが  () かけるときの  方法(ほうほう)   になりそうです」と  (はな) しています。

実験(じっけん) の  結果(けっか) を  調(しら) べて、安全(あんぜん) なら  バスを  使(つか) いたいと  (かんが) えています。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR