台風10号、15日に最接近 お盆休みの九州を直撃 暴風、土砂災害にも注意

西日本新聞 夕刊

 超大型の台風10号は13日、日本の南海上を時速20キロの速さで北西に進んでおり、15日には強い勢力で九州北部に最接近し、お盆のUターンラッシュを直撃する恐れがある。九州北部の早い所では、13日昼前から風速15メートル以上の強風域に入り、14日夜から風速25メートル以上の暴風域に入る見込みで、気象庁は暴風や高波、土砂災害などに注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風10号は13日正午現在、種子島の南東約500キロの海上を進んでおり、中心気圧は965ヘクトパスカル。最大風速30メートル、最大瞬間風速は45メートル。熊本県の一部などは、すでに強風域に入っている。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるため、九州南部では13日夜遅くから、九州北部では14日から大雨となる恐れがある。

 九州各県の14日正午からの24時間雨量は大分、宮崎300~500ミリ▽福岡、熊本200~300ミリ▽鹿児島100~200ミリ▽佐賀、長崎100~150ミリ。14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は九州北部25メートル(35メートル)、九州南部30メートル(45メートル)。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ