対馬海保が海難のカメ救助 厳原港沖、漁網に絡まった2匹

西日本新聞 長崎・佐世保版

 対馬海上保安部によると、対馬市の厳原港沖約3・7キロの海上で、巡視艇「やえぐも」の海上保安官が大量の漁網を背負ったウミガメ2匹を見つけ、救出した。

 発表(9日)によると、体長はいずれも約50センチで、7日昼ごろ、漂流していた漁網を回収するために巡視艇が近づくと、網に2匹のウミガメが絡まっているのを確認した。乗組員7人のうち、3人が小型ゴムボートに乗り換え、傷つけないように網をナイフで切って助けた。2匹は元気に泳ぎ去ったという。

 海に返した保安官は「子ガメのようだった。成長が楽しみ。恩返しも楽しみにしています」と話している。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ