ヒマワリ満開、博多湾に映え 能古島

西日本新聞 ふくおか都市圏版

のこのしまアイランドパークで見ごろとなったヒマワリ 拡大

のこのしまアイランドパークで見ごろとなったヒマワリ

 福岡市西区能古島にある「のこのしまアイランドパーク」で、ヒマワリが満開を迎えている。大輪の花が今月いっぱい楽しめるよう時期をずらして5万本を植えている。ヒマワリの摘み取りイベントが18日まで開かれており、来場者でにぎわっている。

 花畑は博多湾を望む高台にあり、日差しを浴びた黄色い花が潮風に揺れている。今シーズンは台風8号の影響で、一部のヒマワリが倒れる被害もあったが、園では約600本に支柱を立てて復旧した。母親と訪れた博多区の小学6年、石橋海渡君は「広々とした自然の中で、花を見ているとゆったりした気持ちになる」と話していた。

 入園料大人1200円、小中学生600円、3歳以上400円。

PR

PR

注目のテーマ