全英Vに導いた「反面教師」 渋野支える青木コーチ 福大ゴルフ部出身

西日本新聞 社会面

青木コーチが渋野選手を指導している兵庫県小野市の樫山ゴルフランド。10ヤード刻みのアプローチを徹底して練習しているという 拡大

青木コーチが渋野選手を指導している兵庫県小野市の樫山ゴルフランド。10ヤード刻みのアプローチを徹底して練習しているという

渋野日向子

 ゴルフのAIG全英女子オープンで日本選手として42年ぶりにメジャー優勝した渋野日向子選手(20)は、兵庫県内でアカデミーを開く青木翔さん(36)=福岡県志免町出身=に2017年秋から本格指導を受けたのをきっかけに「スマイリングシンデレラ」への道を駆け上がった。当時の渋野選手はプロテスト不合格となったばかり。自らもプロテストに落ち続け、27歳で指導者の道を志した青木さんは自らを反面教師に「一本の芯を太く」の信念で、失意の渋野選手の心に寄り添い、約2年をかけて大輪の花を咲かせた。

 今の笑顔からは想像もつかない、自信を喪失した顔だった。渋野選手が最初のプロテストに落ちた2年前の秋。青木さんが契約する用具メーカーのモニター選手だった縁で、メーカーから「渋ちゃんをどうにかしてほしい」と頼まれた。

 青木さんがコーチとして指導する兵庫県小野市の樫山ゴルフランドまで、渋野選手は岡山市の自宅から自ら運転する車で通った。「ノリと気合と根性」と励まし、最初に取り組んだのは球を捉える練習。一日7時間のほとんどをサンドウエッジのアプローチのみに費やした。右手、左手だけでも10ヤード刻みで打ち分け、多い日で600球に達した。

 福岡大のゴルフ部では主将も務めた青木さんは、181センチの長身でドライバーの飛距離は300ヤード超。それでも大学卒業後はプロテストに「5度ぐらい落ち続けた」という。2度目のプロテストで合格した渋野選手には「失敗を繰り返した自分を反面教師にしてほしかった」と口にする。

 「僕は小技も器用にできた。でも、芯がなかった。一本を太くするより、細いものをつなぎ合わせようとしていた。そういうゴルフは一度ほころびが出ると簡単に崩れる」。「これは絶対」というものをやり続ければ、芯は太くなる。「一本を太く」が師弟の合言葉だ。2人で築いたぶれないスイングで、全英女子を最後まで戦い抜いた。

 メジャー制覇で時の人となり、帰国後もフィーバーが続く。今週の舞台は長野・軽井沢での大会。青木さんは「右手一本でのアプローチをやっておくように」と無料通信アプリLINE(ライン)で送った。渋野選手の返信は了解を表す「ラジャー!」の絵文字。「しぶこ(渋野選手の愛称)のすごさは素直な心。やるべきことは絶対にやり抜く」と青木さんは目を細めた。

PR

PR

注目のテーマ