お盆の夜空彩る1万5000発の大輪 関門海峡花火大会

西日本新聞 社会面

関門橋(手前)のそばで大輪の花火が夜空を彩った関門海峡花火大会=13日午後8時半ごろ、山口県下関市(多重露光) 拡大

関門橋(手前)のそばで大輪の花火が夜空を彩った関門海峡花火大会=13日午後8時半ごろ、山口県下関市(多重露光)

 関門海峡の夏の風物詩「関門海峡花火大会」が13日、海峡を挟む北九州市門司区と山口県下関市であり、計約1万5千発の大輪がお盆の夜空を彩った。

 帰省客をにぎやかに迎え、街に活気を呼び込もうと、まちづくり団体などでつくる実行委員会が開催。超大型の台風10号が西日本に接近する中、午後3時に予定通りの開催を決めた。

 直径約450メートルに開く「1尺5寸玉」などの大玉花火による競演や、音楽に合わせて打ち上がる「音楽花火」を、大勢の見物客が楽しんだ。

PR

PR

注目のテーマ