高校1年の時

西日本新聞 社会面

 高校1年の時、大ヒットした月9のトレンディードラマ「東京ラブストーリー」にはまった。毎週火曜日、当時の彼女と感想を言い合っては、画面の中のきらびやかな世界に憧れ、早く東京に行きたいと願った。大学進学を口実に上京。ドラマで起きていた夢のような体験は特段できなかったが、いろんな人に会い、物の見方は広がった。

 このままでは地方の人口減が進むとして、東京一極集中の是正に向けた国の取り組みが始まっている。地方と東京の状況がこれほど違ってくると何か手を打つべきだが、その中に、今暮らす地域から外に人を出さないようにする考え方があるのが気になる。

 地元大学への進学者増を狙った施策がその一例だが、違う環境で生活してみて初めて、生まれ育った地方の良さが分かるんじゃないか。やるべきなのはむしろ、古里に戻ってきやすい態勢づくりを本気になって進めることだと思っている。 (飯田崇雄)

PR

PR

注目のテーマ