大型台風10号、あす九州最接近 西日本縦断、交通ストップ

西日本新聞 夕刊

 大型の台風10号は14日、九州の南をゆっくり北上した。15日に九州から四国付近に上陸、西日本を縦断する見通し。進行速度が遅いため猛烈な風と雨が広い範囲で長く続き、西日本では総雨量が1200ミリを超える所もある見込み。お盆のUターンラッシュと重なり、交通への影響拡大が懸念される中、災害発生の危険性が高まる。気象庁は土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風は14日午前、九州の南を北上。中心気圧は965ヘクトパスカル。最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。九州では同日、大分県や九州南部を中心に接近前から台風周辺の暖かく湿った空気の影響で風雨が強まり、次第に大荒れとなる見通し。

 九州北部は同日夕方から風速20メートル以上の非常に激しい風が吹き始め、台風の進路に近い豊後水道は15日未明から暴風やうねりを伴った猛烈なしけとなりそうだ。同日の日中に最接近し、福岡県も風速25メートル以上の暴風域に入る恐れがある。

 同日にかけて予想される最大風速は豊後水道27メートル(最大瞬間風速40メートル)、陸上20メートル(同35メートル)。大潮の時期と重なり、沿岸部では高潮への警戒も必要となる。

 九州各県で同日昼までに予想される24時間雨量は多い所で、大分、宮崎500ミリ▽鹿児島300ミリ▽熊本250ミリ▽福岡150ミリ▽佐賀、長崎100ミリ。16日昼までの24時間は熊本200~300ミリ▽長崎、大分100~200ミリ▽福岡、佐賀、宮崎100~150ミリ▽鹿児島50~100ミリ。

 航空各社は14日、宮崎空港や鹿児島県の離島路線など九州発着便を欠航した。JR九州の在来線も宮崎、大分両県を中心に運休、減便。15日は、九州新幹線が始発から本数を減らして運行するなど、終日交通に乱れが出そうだ。

PR

PR

注目のテーマ