百貨店や銀行協会名乗る不審電話が連続発生 福岡県筑紫野、太宰府両市の個人宅

西日本新聞

 福岡県警筑紫野署は14日、筑紫野市や太宰府市の個人宅に同日午前11時半ごろから、百貨店や銀行協会を名乗る人物から不審電話が連続発生したとして、メールで警戒を呼び掛けた。署によると、電話の内容は「あなたのカードが百貨店で使われています」「銀行協会に電話してください」「あなたのキャッシュカードが悪用されているので、カードを受け取りに自宅を訪問します」などだった。同署は「不審な電話は1人で判断せず、家族や警察に相談して」と注意喚起した。

PR

PR

注目のテーマ