台風10号九州暴風域厳戒 新大阪-小倉で計画運休

西日本新聞 一面

 大型の台風10号は15日に九州地方に最接近し、九州から四国付近に上陸した後、西日本を縦断する可能性が高い。九州はほぼ全域が暴風域に入り、猛烈な雨と風が長時間続く見通し。外出は極めて危険な状態となり、土砂崩れや河川の氾濫などの災害が発生するリスクが高まる。不要不急の外出は避け、帰省先や旅先でも避難場所を早めに確保するなど身を守る行動が必要となる。

 JR西日本は15日に山陽新幹線新大阪-小倉間の運転を終日見合わせる「計画運休」を実施。交通機関の乱れがUターンラッシュを直撃しそうだ。

 気象庁によると、台風は14日夜、九州の南をゆっくり北上した。中心気圧は965ヘクトパスカル。最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。15日には豊後水道付近に達し、九州や四国付近に上陸。西日本各地を暴風域に巻き込みながら通過し、夜には日本海に抜ける見通し。

 西日本には台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっている。15日には台風周辺や台風本体の発達した雨雲が流れ込むため、広い範囲で非常に激しい雨が降り、西日本の太平洋側では通過までの総雨量が1200ミリを超す記録的大雨も予想されている。

 九州各県の15日夕までの24時間予想雨量は、多い所で大分500ミリ▽宮崎400ミリ▽熊本300ミリ▽福岡、鹿児島200ミリ▽佐賀、長崎150ミリ。台風の進路に近い大分県や宮崎県では1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れもある。

 15日にかけて予想される最大風速は九州南部や豊後水道で27メートル(最大瞬間風速40メートル)、北部の陸上で20メートル(同35メートル)。看板や屋根瓦が吹き飛び、細い樹木が折れるほどの風が吹き、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。

 波の高さの予想は九州北部、南部とも最大9メートル。潮位が高い大潮の時期でもあり、沿岸部では高潮被害の恐れもある。気象庁は、最新の台風情報や自治体の避難情報に注意するよう呼び掛けている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ